発酵乳

乳酸菌サプリメントで運動不足の環境を改善

ビフィズス菌に代表されるような乳酸菌は、腸内細菌として人の体内に存在し、腸の環境をよくする効果があります。
ただ、これら乳酸菌は年齢とともに減少することがわかっており、結果、有害物質を作り出しやすい、悪玉菌が腸内で増加してしまう傾向にあります。
これを改善するため食品やサプリメントなどを摂取することで、腸内を整えておくことは非常に重要です。

これが重要視されるのには理由があります。
現代人は、生活の上で通勤・通学・家事などの運動量が減り、運動不足が指摘されて問題視されています。
これと同時に、現代人はエネルギー摂取量は減少しているのに、そのうちに占める脂肪の割合が増加しているという状況も見られます。

この二つの結果、いわゆる肥満が増加しているのです。
肥満は、高血圧・高血糖・脂質異常などとともに、メタボリックシンドロームの条件とも言われ、これを放置すると動脈硬化を引き起こしやすくなります。
肥満は、脳卒中や心疾患の可能性を高めるものです。

この根本にあるのは、高脂肪食・高たんぱく質食に偏った現代人の食生活です。
現代の食生活では、動物性脂肪、動物性たんぱく質の摂取量が増加しやすいもの。
これらを消化するため体内の消化液が増加し、その酸性ゆえに善玉菌を減少させてしまい、悪玉菌の増加を引き起こしてしまうのです。
結果、悪玉菌は有害物質を作り出し、体の変調を起こしてしまいます。

これを防ぐために、体内に乳酸菌を意識的に取り込み、腸の調子を維持することが必要になるのです。
中でも、乳酸菌の摂取法として有効なのが乳酸菌サプリメントです。
乳酸菌サプリメントは乳酸菌食品よりも効率よくたくさんの栄養を摂取できます。
日常的に乳酸菌を摂取しておけば、体に有害な菌の増殖を抑えるのみならず、体に有用な菌の増殖を促進、 腸内を整えるだけでなく、結果として、体全体の健康に影響を及ぼしてくれることでしょう。