発酵乳

乳酸菌と水分補給でウイルス対策

生活していれば、さまざまなウイルスの侵入を自然と許してしまうものです。
空気や食べ物など。
食べ物は、たいてい消化管に流入するものです。
これらウイルスに対して、対処しているのは人間の免疫機能で、これらがウイルスや病原菌の侵入時に発症を防いでいます。

そのメカニズムを少し紹介しましょう。
免疫には、大きく二種類存在しています。
外敵から自己を守っている常駐型の自然免疫系と、ウイルスや病原菌を発見した際に対処する獲得免疫系です。
前者はマクロファージや樹状細胞などのように異物や外敵を見つけ、獲得免疫系に知らせるものと、小さな変化も見つけ対処してくれるナチュラルキラー細胞(NK細胞)などがあります。

後者の獲得免疫系には、病原菌に対応する液性免疫とウイルスに対応する細胞性免疫が存在しています。
この代表例が、「T細胞」「キラーT細胞」「B細胞」です。
これらが抗体を作り、実際に破壊するのが免疫の流れです。

こういった免疫を担う細胞は、異物が流入しやすい腸に集中しています。
ここで重要になるのが、実は乳酸菌。
体内に摂取された乳酸菌がマクロファージや樹状細胞を活性化させているのです。
これらは異物を発見するのが役割で、細胞の細胞液成分を判別、その結果、T細胞やNK細胞を活性化させています。
NK細胞は常駐型の自然免疫系で、非常にデリケートであることがわかっています。
このため、乳酸菌をとり続けることが腸の状態、つまり、悪玉菌抑制や免疫を担う細胞の活性化に貢献し、結果として免疫機能を向上させているのです。

乳酸菌の摂取はウイルス対策にも重要であることは述べたとおりですが、併せて知っておいてほしいことが水分補給です。
体の水分量が減ると、腸の粘りけも増して働きが鈍くなります。
結果、ウイルスへの対処も妨げられてしまうのです。
ですから水分、特にナトリウム飲料などの電解質や糖が含まれる飲料をとり続けることがウイルス対策には重要なこととなります。
みなさんも乳酸菌で健康生活はじめてみませんか。