発酵乳

乳酸菌に含まれている働き

腸内細菌は、そもそも約100種類、約100兆個以上も存在しています。
その中には、ヒトの体にとって有用な作用をもたらす善玉菌と、時として有害な作用をもたらす悪玉菌、そして悪玉菌が増えると有害な働きをする日和見菌の三種類に分けられます。

このうち、善玉菌の代表格こそが乳酸菌です。
乳酸菌は、糖を分解して多くの乳酸をつくる細菌のこと。
ヨーグルトやチーズに利用される、ビフィズス菌・アシドフィルス菌・ブルガリア菌などが代表的です。
これらは腸内の悪玉菌の増加を抑制、腸のぜん動運動を調整、腸内細菌のバランスを整えます。
一言で言えば、おなかの調子をよくします。

これら乳酸菌などの摂取後、生体にもたらす調節機能に注目し、食品成分を分類した三つの概念があります。
プロバイオティクス・プレバイオテクス・バイオジェニックスがそれにあたります。
一つ目のプロバイオティクスは、ヨーグルト・乳酸菌飲料・ぬか漬け・納豆などです。
これらは、腸内細菌のバランスを整えるのはもちろん、宿主の健康に有用な生きた細菌や酵母などの微生物とされています。

プロバイオティクスの効用はさまざまです。
まず、乳糖の消化を高め腸内の環境を改善、腸内の感染を防ぎます。
それ以外にも、消化管の働きも整え、免疫機能も向上。
そして何よりコレステロールが上昇するのを抑制、血圧や血糖値も低下させ、がん予防、骨粗しょう症、アレルギー症状にもよいとされています。
ピロリ菌の活動も抑制する効果があるとされています。

プレバイオテクスは、食物繊維やオリゴ糖などをさします。
これ自身は乳酸菌ではありませんが、これらは腸に存在する善玉菌であるビフィズス菌の増殖を促進するものです。
結果としてプロバイオティクスの効用、乳酸菌の効用を助けることとなります。

最後のバイオジェニックスは、体内に取り込まれた乳酸菌などから生まれた菌体成分や生産物質をさします。
腸内の免疫に影響し、コレステロール、血糖、血圧の安定や、活性酸素の減少に貢献します。
結果、全身に作用するので、生活習慣病や老化を防止します。
乳酸菌で病気になりにくい身体づくりを始めてみませんか。